2013年10月31日木曜日

イスタンブールで遊園地に行ってみる(Amusement park in Istanbul)。

今日の天気は曇り。
太陽が出ていないと一気に気温が下がりますね。

今日は遊園地に行ってみる編。


とは言っても実際に行った訳ではなく、通りかかっただけなんですけどね ;)
しかし、この少しクタビレタ感が私好みでして思わず中に引き込まれ
写真をパチリ!パチリ!
少しゆっくりしながら乗り物眺めニヤケておりました。








で、人が乗っていたのはこの乗り物のみ。
結構な高さまで上がっていたのでかなり楽しそう♪


場所は地下鉄バクルキョイ(Bakırköy)駅出てすぐ左手側。

遊園地好きの方は是非♪


Chezakky

2013年10月29日火曜日

お気に入りのショッピングモールCity's(My Favorite, City's)!

トルコは建国記念日の今日は祝日!
聞いたところによると色んなイベントやお祝いがあるらしい。
花火、マーチングバンドそしてアジアサイドとヨーロッパサイドを
つなぐ地下鉄の開通式?(地下鉄を入れる?)とかとか♪


今日はお気に入りショッピングモールCity's編。


ショッピングモールは何件かあり、それぞれに素敵なところがあるんだけど、
中でもCity'sが私のお気に入り♪

特にここのレストランフロアーが好きなのです。
まず、壁の絵が可愛い〜!



オシャレな作りのフロアーにはイタリアン、ハンバーガー、魚、肉
もちろんトルコごはんあり。
でもって、今回は食べなかったんだけどラーメン屋さんがあった!



 ごはんだけでなく素敵な雑貨も置いてるの。



プラス、日本の調味料がここで手に入るとは!
お醤油、すし酢、すき焼き、照り焼きのソース。

City'sの地下にはマクロセンター(外国の食材が入手できる)もあるので、
ここでもお醤油、お酢や海苔が手にはいりますよ。

旅行中に自分で和食を作ってみたくなった時は
ちょっとフラリとこちらへ。

City'sのレストランフロアー。
楽しくて私はほぼ毎日ウロウロしてますが♪

さて、今日も行っちゃおうかな?


Chezakky

2013年10月28日月曜日

イスタンブールでサルサレッスンを受けてみる(Salsa lesson in Istanbul)。

起きてすぐの日課。窓を開けてお天気チェック。
今日も晴れですよ♪


今回はイスタンブールでサルサレッスンを受けてみる編。


ヨガもそうなのですが、サルサも私の趣味の一つ。
ってことでイスタンブールでサルサレッスンを受けてみました♪

とは言っても今回のサルサを踊れる場所を探すのには、
ちょっと苦労をしました〜!
まず、私の好きなサルサがキューバンスタイルであること。
これはサルサの種類の中でも一番マイナーでして。
プラス、イスタンブールでのサルサに関する情報が中々見つからない。
でもって、情報があったとしても全てトルコ語(私は全くトルコ語がわからず。。。)

しかし、粘りましたよ!私。
幸いなことにサルサ(salsa)は同じ単語だったので、
そのキーワードを頼りに色んなサイトを検索。
そして辿りつきましたキューバンスタイルサルサ(Küba Salsa)を教えている
ダンススクールに。
本当はサルサクラブを探していたのですが、どうもサルサクラブは存在しておらず
ラテンナイトやサルサナイトとしてイベント的に開催されている模様。
(もし、サルサクラブ存在していたらすみません。。。)

探しあてたダンススクールはTaksim広場近くのイスティクラール通りに入ってすぐの所。
しかし、最初住所だけで人に道をききつつ場所を探していたのですが、
これが見事みんな教えてくれる場所が違うのなんの。
迷い迷って帰ろうとして最後に聞いた人が
何とダンススクールまで案内して下さいましたよ。

ダンススクールで聞いたところ基本は1クール(ここでは6ヶ月)なんだけど、
1回でもレッスンを受けることが出来るとのことより受けてみました。

久しぶりに聞く音楽とダンスは楽しかった〜♪
日本のレッスンではやらない動きもたくさん取り入れられてるのも楽しい〜♪
基本の動きも教えてくれるんだけど、1が出来たら2へ。の段階方式ではなく
全体が何となく出来ていたらOK。その中で特に出来ていない動きを中心に教える。
みたいな方式。ヨガでもそうだったけど、日本の方式とは少し違うのも面白かったな。

因に、こちらの方々はダンスもリズムのセンスもあるらしく始めたばかりの人でも
すんなり踊ってました。
レッスンはトルコ語だけどサルサを少しでもやったことがあれば、
動きはほぼ同じ(1の入り方というかテンションのかけ方が少しだけ違ったが。)
なので楽しめます!ここでイベント情報も少しだけ入手もできる。

もし、サルサの興味のある方がいらっしゃれば是非是非!
滞在中にもう1回行けるかな〜?



ちなみに私の行ったダンススクール↓
https://www.facebook.com/IstanbulPerformansDansAtolyesi?ref=profile
1ヶ月(140TL=約7,000円)
1回(50TL=約2,500円)
断然1ヶ月がお得なのだが、旅人なので1回を選択。


以下↓でもサルサ教えてるみたいです。
(行ってないので詳しい情報はわかりませんが。)
http://www.dansorium.com/
http://www.tangog.org/


Chezakky

2013年10月24日木曜日

レインボー階段に行ってみる(rainbow stairs)。

今日も晴れ♪晴れ♪
が、もうすぐ来るだろうと思われる冬。
そして次の場所へ備え昨日はコートを購入。
旅なのでどんな格好にも合い、寒さをしのげる大きなフード付きの黒いコート。
ディスカウントもしてもらっちゃった♪


今回はレインボー階段に行ってみる編。




ニュースでも話題になっていた虹色の階段へ行ってみたよ。
何でも近くに住むおじいさんが、古くひび割れた階段を何とか出来ないか?
周りをハッピーに出来ないかと自分でペンキを買ってきて虹色に塗りました。
周りの人にも大好評!

それを、自治体が夜のうちに灰色に塗り替えちゃったらしい。
しかし、素敵な階段を味気のない灰色に塗り替えるなんてヒドイ!
単純に自分の周りをよくしようとする自由も奪っちゃうのか?!との意見が殺到。
で、最初は市当局は塗り替えたことを否定していたんだけど
最終的には認め虹色に再度塗り直したらしい。

これらの流れは、政府が国民をコントロールしようとしているように映り。
自由が足りないと感じている国民の気持ちもあったか抗議が殺到したらしい。


今では人気スポットになってるみたい。
先日階段の写真を撮りに行ったところ、人がいっぱい!




そして、トラムでここを通る度に人のいない時間帯を調べ
昨日やっと階段だけの写真も撮れました!可愛いな。



途中からシリアから観光に来ていた女の子2人が現れ写真撮影を開始。
虹色階段はトルコ国内だけでなく、色んな場所でも有名になってるみたいだね。


で、今では街の色んな場所でカラフルな階段が増えてるらしい。
私はおじいさんの虹色階段が一番すきです♪





あ〜、虹色階段の引きの写真を撮り忘れた!
もう一回行かなければだな。
と、帰り道に近所のカラフル階段の写真を撮りながら思う :)

Chezakky

2013年10月22日火曜日

アラスタバザール(ARASTA BAZAAR)に行ってみる。

むふふの今日も晴れ!
今日はちょっぴりお家でダラダラしたいな〜。
なんて思っても晴れた空を見ると外にでかけなければ。思わされちゃう。


今日はアラスタバザールに行ってみる編。



ここはグランドバザールの小さい版なのかしら?
割とグランドバザールと同じような商品があるね。
でも、全体的に見たいならどうぞ!って感じが私的には楽だなぁ。
一本道でグランドバザールみたいに迷わなくてよい。
何をかくそう方向音痴ですから。


これらの模様かわいいな〜。

カブらないけど、これらも可愛いな〜。


ハマムタオルとかも色鮮やかで可愛いな〜。
特にこのバスローブは外側はハマムタオル地、内側は厚手のタオル地と
軽い上に可愛いという優れものっぽい。


そして、素敵ジュエリーぃぃぃ。
これらのジュエリーはネパール、インドが多いのだがここでも見かけるとは。
すっごいこれらのジュエリーについて聞きたい!のだが、
残念なことにこのお店は閉まっていたため詳しいことが聞けず。。。


近くの建物可愛いな〜。
これってただの建物?今度ちょっと調べてみよう。
もし何かわかったらお伝えしますね。って何もない気も。。。



ちなみに、アラスタバザールはご存知ブルーモスクの裏側にありますよ!


Chezakky

2013年10月21日月曜日

カドキョイ(アンティーク通り/ Antique Avenue in Kadıköy)へ行ってみる。

クルバム・バイランでお休みだったお店も開店。
何日か雨模様のお天気だったのものの、今日は良いお天気。
だた、風はやはり冷たく着々と秋→冬に向ってる感じだな。

今日はアジアサイド(カドキョイ)へ行ってみる編。

滞在しているところがヨーロッパサイドという事もあり、
しばらくはヨーロッパサイドを中心にブラついていたのですが
やっとアジアサイドへ足を伸ばしてみました!

以前のブログで書いたように、
とりあえずはトラム、メトロ、キュネフェルときどきバスを利用していたのですが
そこに、フェリーとドルムシュが利用交通機関が増えました!

アジアサイドへは1回目はフェリーを利用。
2回目はお友達も一緒だったことから便利なドルムシュを教えてもらいました!

カドキョイ行きのフェリーはエミノニュ、カバタシュ等から出ていて約15分くらいで
到着(今回はエミノニュから乗ってみました。)!
イスタンブールカードはここでも使え便利だね。
風がとっても気持ち良い船の旅!いつもの景色も更に素敵に。
船の中には定番のスィミット(ごまパン)やチャイ売りの人が。
乗客は次々とチャイを注文。
本当にここにはチャイ文化ありだと改めて思う :)
船の周りにはカモメがすっごい近くを飛んでいて何だかこの時間癒されるなぁと。


「船からのカモメ。」

「飲み終わった後のチャイグラス」


ドルムシュは滞在先からはもっと便利なタクシム広場から乗れるとは。
渋滞していなければ20分くらいで到着。超ラクチン!


アジアサイドはヨーロッパサイドとの雰囲気とは少し違って面白い!
何だろう?何が違うのだろう?
若干空気がゆっくりな、人の歩くスピートも少しゆっくりな?
と感じるのは気のせいかしら??
気さくな気の良い人々もいっぱい。

「何だかゆったりな時間を感じるな。」

「トルココーヒー屋さん」


とりあえずぶらぶらお散歩。
その中で一番気になったのが、道の両脇にアンティークのお店がずらりと
並んだアンティーク通り(tellalzade Sokagi/テルラルザーデ通り)!




「ミニチュア版の椅子たちがとっても可愛い!」
「で、椅子のアップ。この模様もたまらない〜。」

 「写真を撮ってと頼まれたアンティーク屋さんのおじさん」

「で、これまた写真を撮ってと頼まれた絵を売るおじさん」


 「帰りの船から。夕方になり始める前の景色も好きなんだよね〜。」

ゆったり、のんびりも旅の醍醐味。
今日はそんな時間を感じることが出来た一日!

カドキョイで食べたご飯もとっても美味しかったな♪
これは、次の「トルコごはん」にて。


Chezakky

2013年10月17日木曜日

素敵ジュエリーのご紹介(アンティークデザインブレスレット/ Antique designed bracelet)!

残念ながら今日は朝から雨。
ここずっと良い天気が続いていたので、今日も期待していたのですが。。。

(で、ふとどこかで読んだブログを思いだした。
トルコではクルバム・バイランの2,3日後は大体雨が降るとか。
犠牲祭の痕はこの雨で流されるんだとか。読んだときは、「そうなんだ〜。」
と思ってたけど今日「本当だ!」に変わりました。)



で、今日は素敵ジュエリーのご紹介(第2段)です!
第2段は【アンティークデザイン、シンプル&イーブルアイブレスレット】。




アンティークテイストが素敵なブレスレットは
トルコではオスマンスタイルジュエリーとして知られています。

チャームのきらきらはジルコニア。
そして、真ん中の石はなんとルビー、エメラルド、サファイア、クリスタルなのです。
天然石にはグレードがあるので、その中でも少し下のグレードにはなるのですが
本物の石なんですよ〜!


デザインは2種類(オーバルと3連になったタイプ)。



オーバル(サファイアとルビー)



3連タイプ(エメラルド、クリスタル、ルビー)



そして、シンプルデザインブレスレットとイーブルアイブレスレット



使われている石とデザインの意味は、、、

ルビー:勝利を呼ぶ石、カリスマ性を高める石として扱われてきたとのこと。
仕事、恋愛においてパワーを与えてくれる石です。

サファイア:感情の高ぶりを沈めリラックス効果を与えてくれる石です。
ネガティブな感情をを断ち切ることをサポートしてくれ、冷静な判断ををもたらします。
英知の石としても知られており、仕事運アップにも良い石とのこと。

エメラルド:世界4大宝石のひとつ。
愛の力がとても強く、恋愛運アップ、幸せな結婚のお守りとして良い石です。

オニキス:忍耐力や意思の強さを与えてくれる石です。
達成したい目標がある時やダイエットを続けるにも良さそうな石ですね。

イーブルアイ(ナダール・ボンジュウ):魔除けのお守りとして有名です。
悪魔の目が悪いものから守ってくれるとか。

全てのブレスレットが意味を持っています。
サイズもデザインも着けやすくどんな服装にもあうし、
じゃらじゃらブレスレット重ねづけの主役としても活躍しそう!
もちろん、一つで着けても目をひくこと間違いないラブリーデザインですよ。

お気に入りとなるブレスレットがあると嬉しいです♪


ご興味があればお問いあわせください!



Chezakky

2013年10月16日水曜日

トルコごはん(Turkish Food)。

今日も晴天!
窓を開けると少〜しだけ冷たい風が心地よし。

今日はトルコのごはん編。

到着当時は少しオイリーで重いと感じていたトルコごはんにも
良いのか悪いのか慣れてきて徐々にお腹も出てきている感じが。。。
ただ、オリーブオイルとヨーグルトをよく食すことからかお通じは中々良い感じ:)

で、今日は到着して食べたトルコごはんを少しご紹介!
ゆっくりとですが気になるものから攻めております。


iskender kebap(イスケンデルケバブ)
薄く焼いたパンの上にお肉をのせ、その上からトマトソースと溶かしバターをたっぷり。
横に添えられたヨーグルトとの相性もばっちり。ドネルケバブの豪華版みたいな感じ。
重厚感たっぷりのお料理ですが、これがヨーグルトと一緒に食べると
何とも良い調和をみせ食が進む!進む!
若干残しちゃいましたが普段の量からいくとかなりの満たされ具合です。
ランチに食べたのですが、お腹いっぱいでもちろん夜ごはんはいりませ〜ん。

ちなみに、今回はグランドバザールと反対側の小道に入ったお店で食べました。
この近辺には安く美味しいお店も多くあるとか。
街のいろんなエリアで見かけるのでどちらでも食べられますよ。
このボリュームで11TL(=約¥550)。
もう一度食べたい度:★★★



Kumpir(クムピル):
焼いたあつあつの巨大じゃがいもにバターとチーズを落としまぜる。
その上にピクルス、コーン、玉ねぎ、オリーブ、ソーセージをのせ、
マヨネーズ+ケチャップをかける(お好みで辛いソースも)。
巨大じゃがいも丸ごとポテトサラダ風な感じかな?!
これまたボリューム満点。ランチに食べるが夕食軽くで良しでした。

今回はEminönü(エミノニュ)にて食べましたが、これも色んな場所でみかける定番。
Şişli (シスリ)のショッピングモールCevahir内にクムピルのファストフード店を
見かけたので次に機会があればここで食べてみようかな。
あと、Ortakoy(オルタキョイ)もクムピルが有名エリアとのこと。
お家で自分流の味にアレンジしても美味しいかも。

8TL(約¥400)。
もう一度食べたい度:★☆☆


Midye Dolması(ミディエ・ドルマス):
ムール貝にご飯を詰めたもの。お手頃に食べられるのが魅力!
ムール貝大好きの私はかなりの期待度からか、割を普通?との感想をもったり。
でも、きっとまた食べちゃう一品。

今回はオルタキョイにて食べましたが、道ばたに屋台でよく見かけますよ!
もう一度食べたい度:★★☆



Midye Tava(ミディエ・タワ):
ムール貝の揚げたもの。ニンニクのソースに付けて食べても美味しいよ。
私はこれ好きです!蒸したムール貝が今まで一番すきだったんだけど、
揚げもかなりの高得点!これはもう一度食べた〜!♪

こちらもオルタキョイにて食す。
まだ、道ばたでは見たことがないがきっと海沿いのエミノニュ、カラキョイで
食べることが出来るはず。ちなみに写真はパンに挟まったサンドウィッチバーション。
もう一度食べたい度:★★★


まだまだ、食べてみたいごはんがいっぱい♪
若干の太りは覚悟でこの際、食べてみようと思ってま〜す!

あと、お店の名前覚えるの苦手なんだけど美味しかったお店は、
出来れば名前もご紹介できたらと思ってます!
(これに関してはあまり期待せず名前があったら、おぉと思って下さい。)


Chezakky

すてきエリア(Nişantaşı:ニシャンタシュ)。

いつもは朝起きてブログを更新しているのですが、
今日は朝早くからお出かけのため夜に更新。

日中は日差しの強く暑いと感じるのですが、夜はいっきに冷え込みます。
いまのところ、日中は長袖または半袖+カーディガン。
夜はそれにジャケットを羽織る感じで過ごせますよ。


本日は素敵エリアNişantaşı(ニシャンタシュ)に行ってみる編。

Nişantaşı(ニシャンタシュ)は高級ブランドのショップ、カフェ、レストラン
そしてショッピングモールCity'sのあるエリア。


地下鉄のOsamanbey(オスマンベイ)駅をでて、Rumeli(ルメリ)通りを
下っていくと高級ブランドのショップがたくさん。


憧れジュエリーブランドのCartier(カルティエ)

ご存知LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

一度は履いてみたいCHRISTIAN LOUBOUTIN(クリスチャン・ルブタン)

パリに本店。マカロンの老舗LADUREE(ラ・デュレ)

チョコ食べた〜い!のGODIVA(ゴディバ)


などなど。
他にも有名ブランドやシンプルお手頃価格のインテリア雑貨ショップもあり。
ちなみに、庶民派のわたしにも優しいMANGO、ZARA、Bershkaもありますよ。


大通りから横の小道に入るとカフェやレストランもたくさん。
そんなに大きくないエリアなので、この中で自分のお気に入りを探すのも楽しそう♪





トルコはただ今クルバン・バイラン(犠牲祭)のお休み中。
イスラム教のお祭りでアッラーの神に牛や羊などの動物を生け贄として捧げ
神に感謝を表す大事な行事で、日本で言うお正月みたいなもので家族皆が集まり
お祝いをするとのこと。

お祭りというと賑やかな楽しいものを想像するのですが、街は人が少なめ
お店はお休みのところが多い点がいつもと違うところ?!
また、以前は街のいたる所で行われていたという犠牲祭の儀式である牛や羊のカットも、
今では決められた場所のみで行われ、場所によってはひっそりと行われているみたい。

普段はあたりまえに食していますが、宗教に関係なく改めて食の恵みに感謝!ですね。


Chezakky