2013年11月25日月曜日

トルコごはん/ スィーツ編(Turkish Food/ Dessert)。

最近ちょっとブログの更新する頻度に時間が ;)
今週はなるべく更新出来ればな!っと。

今日はトルコごはん(スィーツ編)。


トルコのデザートはとっても甘〜い。
が、が、この甘〜い。
も回数を重ねていくうちに慣れてきちゃったり :)
ただでさえオイリーなお料理に慣れて来た上に
甘〜いスィーツにまで。。。大変!要注意!


まずは、Baklava(バクラバ):
薄い生地のパイをシロップに漬けたお菓子。
パイの間にはクルミ、練乳、ピスタチオが入ってます。
上のグリーンはピスタチオ。とっても甘いがちょっとクセになるかも。
今回はカラキョイにあるバクラバの有名店(Karaköy Gülluoglu)で食べました!

もう一度食べたい度:★★★


ミルクプリン:
しっかりしたミルクプリンの上は確かピスタチオのソースだったはず。
で、ココナッツやピスタチオがのってます。
他のデザートと比べると比較的甘さ控えめ :)
が、サイズは大きめ :)
今回はトラム沿いの道をスルタンアフメット向って歩いてる途中にある
(Hafiz Mustafa)で食べました。

もう一度食べたい度:★★☆


Irmik Helvasi(ヘリワ):
セモリナ粉のデザート。
このデザートは色んな形であるみたいなんだけど、
今回は中にアイスクリームが入ったバージョンを食べました。
冷たいアイスとの相性はいいね〜♪

もう一度食べたい度:★★☆


Sütlaç(ストラッチ):
お米の入ったミルクプリン。
焦げ目のついたタイプを多くみかけますが、今回は焦げ目+シナモンが。
個人的にはシナモンがかかったタイプが好き♪

もう一度食べたい度:★★☆


Borek(ボレキ):
簡単言うとパイ。
中にチーズ、ひき肉やほうれん草などが入ったお食事タイプは多く見かけるんだけど
私はシンプルにパイの上にグラニュー糖をかけただけのシンプルなタイプが好み♪
ただ、このタイプはパイがパリパリとしていないと美味しさが半減するので
お食事タイプよりはお店が少ないかも。

もう一度食べたい度:★★★


ミルフィーユ:
トルコ定番のスィーツではないが、ミルフィーユは私の一番好きなスィーツなので
ちょっとここでも食べてみました♪
トルコ版のミルフィーユはカスタードクリームというか、
バタークリームに練乳を足した感じのクリーム?パイもかなりしっかりめ。
勿論?上にはピスタチオが :)

もう一度食べたい度:☆☆☆(ちょっと甘すぎました。。。)


キャロットケーキ:
焼きたてとのことからお店の人のおススメから食べたキャロットケーキ。
これが、何と意外や意外!かなりヒット!
甘さ控えめ素朴な味が安心させてくれます。
でもって、あまりハズレなし :)パン屋さんにも売ってるよ。

もう一度食べたい度:★★★


でもって、デザートのお供のドリンク。
トルコの甘〜いデザートってこれらのドリンクと相性バツグンなのね。


ご存知、トルココーヒー。
トルココーヒーを注文するとほぼ必ず横についてくる
ターキッシュディライトやチョコが何だかお得感があって好き♪


レモンチャイ。(ノーマルチャイの他にもアップルチャイなどなど色んなお味あり。)


他にも甘〜いデザートはいっぱいあるよ♪

Chezakky

2013年11月19日火曜日

たまには観光(無垢の博物館/ The Museum of Innocence)

天気は良いがやはりチョイさむ。

たまには観光。
今回はThe Museum of Innocenceへ行く編。



ここはトルコのノーベル文学賞作家Orhan Pamukの本
「The Museum of Innocence -無垢の博物館」にちなんで作られた博物館
(と言うよりはこの本を書きながら、同時にこの博物館も作ることを考えてたとか)。

物語はイスタンブールが舞台の究極のラブストーリー。とのこと。
らしいが、実は今この本を読んでいる途中なのです :)

滞在先の家主とはヨガ以外に本や映画好きとの共通の趣味から
この作家のおススメをうけ、この本と博物館を教えてもらったのです。
本を読んだ後に絶対に博物館に行きたくなるから行った方がいいよ!
との、おススメも同時にあり本を読んでいる途中で行ってみました!

今のところ知っている地名が多くでてくることから楽しく読んでいるのだが、
果たして究極のラブストーリーがどうかは既に若干の疑問を抱き始めていたり?
始まりからちょっと顔が赤くなるようなシーンありだったり?
でも、この先どうなるか楽しみでもあったり?

博物館の中は写真撮影禁止だったので、撮ることができなかったのですが
物語の章ごとにイメージや登場するモノが展示されてあり、
そのイメージ達も多く語りかけてくるものがあり、とっても印象深い博物館でしたよ!
本の途中でも十分に楽しめたので、読み終わった後に行くと更に良さが増すだろうな。
そして、私は読み終わった後にまた行くんだろうな。あはは!

場所はタクシムのイスティクラール通りからちょっと入ったところ。





感想は読み終わった後にお知らせしますね♪


Chezakky

2013年11月15日金曜日

素敵ジュエリーのご紹介(アフガントライバルジュエリー/ Afghan traibal Jewelry)!

ちょっと寒いね。今日は。
本当にだんだんと冬が近づいてきてるみたい。


さてさて、今日の素敵ジュエリーご紹介はアフガントライバルジュエリーです!


すっごく小さなビーズはアフガンビーズと呼ばれアフガニスタンで
作られているんですよ。
天然石をここまで小さく繊細に加工する技術は他の国ではなかなか
出来きないので、とっても貴重で特別!

石の性質から主にターコイズとラピスラズリが主流。

ターコイズやラピスは夏が本番のジュエリーと思われがちですが、
とっても繊細でシンプルなデザインなので他のメタルのジュエリーと一緒に
着けても素敵なのですよ!
お手持ちのジュエリーと合わせてもこれだけで着けても目を引くこと間違いなし!

少し重めのカラーのお洋服が増えるこれからの季節にも手首チラリに見える
カラーアクセントとしても可愛いですね!

あっ、冬だけでなく薄着になる夏にも勿論大活躍ですよ!


本物のターコイズ、ラピスラズリ
+ピンクゴールドメッキを施したSV925の金具のブレスレット。



こちらは合成ターイズと真鍮の金具+トライバルデザインが素敵なチャームの
ブレスレット。(お求め易い価格ですよ ;))



ご興味があればお問い合わせください!


Chezakky

2013年11月13日水曜日

カイマク朝ごはん屋さん(Breakfast with Kaymak )。

今日の朝も良い天気。
いつまでスッキリ良いお天気を楽しめるかしら?

今日はカイマク朝ごはん屋さんに行ってみる編!


一応、トルコごはんシリーズなのですが、
このカイマク朝ごはん屋さんは別枠。
なぜなら、スーパー美味しかったから♪

カイマクとは、
簡単に言うと牛乳の上澄みを発酵させたもの。
クリームチーズとヨーグルトのあいだの柔らかさのクリームで、
これ自体ではそんなに味はないのだがハチミツや甘いデザートと
一緒に食べると最高の一品!

スーパーでも購入でき美味しいのだが、これはまた別格。
(街のケーキ屋さんや乳製品屋さんでも購入できこれらはスーパーのよりも美味しい!)

今回行ったカイマク朝ごはん屋さんはベシュクタシュ(Beşiktaş)にあるPando Kaymak。
人気店らしく11時頃いくと朝ごはんを食べに既にたくさんの人が。




これが、カイマク。ハチミツとの相性バツグン!
パンに塗って食べるとバゲット1本は軽くいけちゃいます。

一緒にオムレツと目玉焼き。

そして、写真はないのだがトマト、キュウリ、オリーブ、チーズのトルコの朝食の
朝食プレートをチョイス!



ご夫婦なのか、素敵なおばあちゃんとおじいちゃんが迎えてくれますよ!




勿論、ここはもう一度行って食べたい度:★★★


Chezakky

2013年11月7日木曜日

たまにはお家でダラダラ ;) (relax at home ;))。

今朝起きた時の天気はあいにくの雨。風も冷たいな。
でも、雨も上がりちょっと晴れてきた?!

ってな訳で、たまにはお家でダラダラ編。


ご紹介したジュエリー達をちょっとアレンジ。
持っている他のブレスレットと重ねたり、どの組み合わせがいいかな?
と、ちょっと遊んでみました。
ご紹介ジュエリー達は私もお気に入りばかりなので自分用にも勿論購入 :)

トルコテイストのブレスレットが仲間入りしたことで、
バリエーションの幅も広がったな。
綺麗め系にはドゥルージー、シンプル系にはアンティークブレス、
カジュアル系にあえてアンティークブレスを重ねてじゃらじゃらにするのもありだな。

ジュエリーそれぞれに個性があるので1つで着けるのも可愛いし、
色んな組み合わせを楽しむのもこれまたいいね。

毎朝今日はどれを着けようかな?と考えるのが楽しくて、
ブレスレットを先に考えてそれに合わせてお洋服を考えるなんてことも♪




これからお出かけ。
どの組み合わせにしようかしら?

あっ、それから気に入った商品があれば是非お問い合わせください。


Chezakky

2013年11月6日水曜日

トルコごはん 2 (Turkish Food 2)。

今日はちょっと曇り?でも青空がちょっとのぞいてる。
午後は晴れになりそうだな!


今日はトルコごはん パート2編。


因みに毎日いろいろ食べてドンドン太っております。うふふ ;)


今回はアジアサイドのカドキョイにて食べた海の幸を中心に、
プラスヨーロッパ側で食べたお料理もご紹介。
ご存知のお料理いっぱいかもですが勝手な私の感想も。


Hamsi(ハムシ):
ちっちゃなイワシを揚げたもの。
これはスッゴイ美味しい!何件かで食べたけどどのお店のハムシも美味しい!
漁が解禁になったばかりとのことで時期が良かったのかもだけど。
今回はカドキョイの魚レストランが並ぶ通りで食べたのだが、ここのハムシも最高!

もう一度食べたい度:★★★(これはいつでも食べたい)


Kalamar Tava(カラマル・タワ):
イカのリング揚げ。なんだけど、美味しかった!
新鮮だったからか?単に私がイカが好きだからかも?だけど。
こちらもハムシと同じくカドキョイのレストランにて。

しかもレストランはお友達のおススメのお店。
ふらり入ってみるのも楽しいけれど、お友達のおススメのお店だと
間違いなく最高に美味しいね!

もう一度食べたい度:★★★


Roka Salatası
(すみません。正式名わからず勝手に翻訳機を使っての勝手な名前....。
ルッコラのサラダ):

中々、サラダとして大量に食べることのないルッコラだけど香りがしっかりあるので
レモンとオリーブオイルでシンプルに味付けされたサラダが何だか美味しかった。
さっぱりしてるのでオイル使いの多いトルコ料理との相性はバツグン!

もう一度食べたい度:★★★


Balık ekmek(バルック・エキメッキ):
サバサンド。焼きたてのサバ、玉ねぎ、トマト、ルッコラを入れたサンドイッチ。
通常はバゲットにこれらを挟みレモン酢と塩をかけたタイプが多いのだが、
今回は薄い生地を選択。
他のお店はわからないのだけどココはちょい辛めのソースが美味しい!
これを食べたら通常版には戻れな〜い。クセになるお味。
カラキョイのサバサンドのお店が並んでる奥から2番目のお店でたべました。
ここも教えてもらったサバサンド屋さん。

美味しくて写真を撮るのを途中で思いだしたので、ちょっと食べてます ;)
もう一度食べたい度:★★★(既にリピートしちゃいました。)


魚の塩釜焼き:
トルコ語でのお料理名を忘れてしまいましたが、魚の塩釜焼き。
これも最高に美味しかった!いい塩加減、魚もふっくらホクホク。
付け合わせの玉ねぎやクレソンもいい感じ。
これはもう一回食べたい!食べたい!
ただ、ちょっぴり高めだったので出来ればごちそうして欲しい〜。

今回はクンカプのレストランで食べました。
もう一度食べたい度:★★★(もちろん。)


köfte(キョフテ):
ミートボールの様なものかな?(ボール状ではないが。)
お店によって少しづつ塩加減とか違うけど、全般的に美味しい!

今回はNişantaşı(ニシャンタシュ)の角っこのキョフテ屋さんにて。
初めてお店の前を通った時から何気に気になっていたお店。
塩味もあまり強くなくあっさりとしていて美味しかった!
写真はないが、焼いたチキンも一緒に注文。
これまたジューシーで予想以上に美味しかった。

これで12TL(約600円)。
もう一度食べたい度:★★★




因に以前のトルコごはんにて登場のMidye Dolması(ミディエ・ドルマス)
と、Midye Tava(ミディエ・タワ)

カドキョイのお店で食べたら全然味が違った。
こんなにお店によって味が違うとはビックリ。
両方もう一度食べたい度:★★★に変更!
しかも、他の色んなお店で試してみたくなっちゃったよ。



いや〜、何回も言いますが本当に本当に大変ですよ。私のお腹。。。


Chezakky

2013年11月3日日曜日

プリンセスアイランドに行ってみる(Büyükada island)。

通常、11月末から雨の多い時期に入るみたい。
その前の気持ちの良い天気を満喫しなければ!
が、今日もちょっと曇り空。だが気持ちよし!


さて、今日はプリンセスアイランドに行ってみる編。

イスタンブールのカバタシュから船で約1時間半。
プリンセスアイランドの中の一番大きな島(ブユカダ島:Büyükada)に行ってきました!

ここは別荘地らしく豪邸がいっぱい。
でもって、島の中は自動車が禁止されていて交通手段は馬車か自転車。
馬車に乗り丘の上のSt. George僧院に行く予定が馬のカオリに断念し、
自転車をレンタル。丘の下まで自転車で向かいそこから丘の上へは足にて。

しかし、丘の上への坂がけっこうツラい。ツラい。

途中断念しそうになりながらも、山のお土産屋さんを覗いたり。

お願いごとをすると叶うと言う木にお願いしたり。

ロバを横目にいいな〜!と言ったり。



で、何とか丘の上まで到着!
丘の上のSt. George僧院。

丘の上のカフェ。

そして、カフェからの景色!


いや〜、本当に途中あきらめなくてよかった。
上まで登ってきてよかった。
こんな素敵な景色をみることが出来るとは!

その後はカフェでのんびりと景色を堪能して、船に乗りイスタンブールへ戻る。
近場の旅の中での小旅行。

賑やかなイスタンブールもいいが、自然あふれる島もいいね。


因みにレンタル自転車はあっと言う間に時間が過ぎるので、
1日で借りるのがおススメ!1日で10TL(約500円)。
(勿論、時間でも借りることが出来ましたよ。)


Chezakky